進学希望の方へ

大学院進学・共同研究を検討されている方へ


宮田研究室では、早稲田大学文化構想学部の在学生、卒業生の方に加え、他学部や他大学、留学生の方の進学も広く受け入れています。修士課程、博士後期課程、科目等履修生の研究指導を担当できます。博士研究員や共同研究者の受け入れも、随時行っています。


研究内容

身体心理学/ソマティック心理学、東洋的実践/マインドフルネス、心身医学/健康科学などの領域が中核ですが、各自の関心に応じて、情動・感情、生理・内分泌、精神疾患、パーソナリティー、思考・認知・問題解決などの分野を広く受け入れています。質問調査に加え、自律神経計測・内分泌計測、介入研究・シングルケースデザイン、行動実験などの研究方法を広く用いることができます。


現在とこれまでのメンバーの研究テーマとしては、アーユルヴェーダの体質論とヨーガの心理的効果・性格特性との関連、身体醜形懸念に対するマインドフルネスの効果、非構造的ダイエット・食習慣と心理的健康、足浴などの養生法による内分泌的・心理的効果、マインドフルネスに基づくセルフ・ボディタッチの効果、大学授業への瞑想の導入などがあります。学部ゼミ生の研究テーマは、心と身体に関連するより多岐の内容にわたっています。


入試について

大学院文学研究科で行われる主な入試は、修士課程推薦入試、修士課程一般入試、博士後期課程入試、科目等履修生入試です。例年6月頃に、心理学コースの進学説明会(コースガイダンス)が行われます。より詳細な日程や最新情報は、文学研究科のウェブサイトをご確認ください。


・ 修士課程推薦入試:早稲田大学に在学中の内部進学希望者が対象で、GPAが一定の要件を満たしている必要があります。例年、6月頃に出願、7月頃に面接試験が行われます。
・ 修士課程一般入試:早稲田大学の在学生、卒業生の方に加え、他大学、海外の大学の方も受験可能な入試です。例年、7~8月頃に出願、9月頃に筆記試験・面接試験が行われます。
・ 博士後期課程入試:例年、11~12月頃に出願、1~2月頃に筆記試験・面接試験が行われます。
・ 科目等履修生入試:例年、1月頃に出願、2月頃に面接試験が行われます。


公認心理師について

公認心理師は、2017年に新設された心理職の初の国家資格です。学部および修士課程で、講義、心理演習、および心理実習を含む所定の単位を取得し、国家試験に合格する必要があります。宮田研究室では、文化構想学部・文学部のブリッジ科目などに加え、一部の科目は教育学部で履修する必要がありますが、修士課程まで進学することで必要単位を一通り取得できます。


資格取得を検討している方は、教員によく相談するようにして下さい。文化構想学部に在学中の方は、現代人間論系のウェブサイトに掲載されている資料もあわせてご確認ください。


お問い合わせ

大学院への進学や共同研究の受け入れを検討されている方、当研究室の研究内容に関心を持っていただいた方は、入試の時期や要領をご確認のうえ、期間に余裕をもって事前に宮田までご連絡ください。必要に応じて、対面またはZoomでの個別面談を行います。


・ メールアドレス:miyata<at-mark>waseda.jp(<at-mark>を@に置き換えてください)